インテリアコーディネーターとは?

インテリアコーディネーターとは、居住者の要望や希望を聞いて、その人にあったライフスタイルや予算に合わせて、より快適な住空間を提案するプロです。

家具の色彩的な統一や、壁紙の柄、家具の設置場所の検討などによって、快適に暮らすための相談を行ったりします。。

コーディネーターとしてのセンスや、インテリアに関する専門的な知識が問われるのはもちろん、見積書などを作成する実務的な能力も欠かせません。

インテリアコーディネーターの資格試験は、年に1回、インテリア産業協会の主催で実施されています。

合格率はおよそ20%で、女性がその約8割を占めるというのが大きなポイントです。

就職先としては、リフォーム会社などの住宅関連のメーカー、建築設計事務所などが多く、インテリアコーディネーターの資格を持っていると、建築業界や職場での評価や信頼度も高くなります。

アジアン家具 家具 通販
posted by インテリアコーディネーター | インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターの資格試験と適性

インテリアコーディネーターとは、居住者にとっての快適な住空間を実現するために、提案を行うアドバイザーのことです。

経済産業省が資格制度を認定しており、インテリア産業協会が年に1回、インテリアコーディネーター資格試験を実施しています。

インテリアコーディネーターの仕事は、顧客のニーズを元に、住む人のライフスタイル、住居のスペース、予算などを考慮してインテリア計画を立て、実現していくことです。

女性に人気のある職業で、資格を持っていると業界での評価も高まります。

インテリアコーディネーターの適性としては、人との直接的な関わりが多いため、専門的な知識のみならず、コミュニケション能力も求められことになります。

実際、インテリアコーディネーターの試験では、プレゼンテーション試験というものがありますから、コミュニケーション能力がいかに求められるかがお分かりいただけるのではないでしょうか?

また、その他にも、契約書や見積書の作成にも携わるため実務的な能力も不可欠です。 さらに、インテリア業界は流行の波が激しいため、探求心や柔軟性なども求められます。

無垢 家具 天然木
posted by インテリアコーディネーター | インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターの資格試験

インテリアコーディネーターは、快適な暮らしを実現するために、床材から壁材、家具、照明器具やカーテンなどの選び方まで、顧客の要望、希望を参考に総合的にアドバイスする住空間の専門家です。

インテリアコーディネーターは、実際の居住空間を考えますから、よりユーザーにとって身近な存在と言えるでしょう。

インテリアコーディネーターの資格を取得するには、インテリア産業協会が実施するインテリアコーディネーター資格試験に合格して、登録をする必要があります。

試験は、一次試験と二次試験に分かれていて

  • 一次試験は、択一式問題が二科目
  • 二次試験は、論文試験とプレゼンテーション試験

となっています。

インテリアコーディネーター試験では、インテリア商品と販売、インテリア計画と技術の知識が問われることになります。

独学で受験するなら、協会が発行するインテリアコーディネーターハンドブックを参考にして学習を進めていくといいと思います。

インテリアコーディネーターは、建築業者から、百貨店や、インテリア商品のメーカー、販売店など幅広く活躍しています。また、独立して顧客をもつインテリアコーディネーターもいます。

特に、バリアフリー環境など高齢者、障害者への配慮、建築の計画段階からインテリアを考えるなど目的に応じて他の資格とあわせることで、インテリアコーディネーターの可能性は広がっていきます。

ダイニングテーブル 一枚板
posted by インテリアコーディネーター | インテリアコーディネーターとは